2011年09月10日

DOES初参戦

完全に侵食された(笑) ライブ後、DOESばっかり聴きたくてしょうがないもん。

第一部のが知ってる曲が多くて(3日間でSUBTERRANEAN ROMANCE聴き込んだ甲斐があった)ノリノリ。
Vo.のワタルさんのMC(と次曲へのリード)が新鮮だった。ライブは百戦錬磨の自負あるけど、アーティストが偏ってたし、ちゃんとしたロックが初めてだったせいもありか、今までにない感じで。

ex.白いシャツ似合わないと自分で零したあと「メジャーデビューして汚されました」「結婚式と葬式以外二度と着ません」
 「All right!?」と散々煽ったあとに「Oh yeah!」から「オーライとオーイエ」
 「次の曲、Sun, Rise, Again」から「陽はまた昇る」
 「曇天」のイントロを中断して焦らし

開演前は修羅とかイントロ来たら鳥肌立つんだろうなぁと思ってたら、鳥肌したのが「世界の果て」だったのが自分で驚き。
好きな曲ベスト3更新決定。

「第一部、完!」後、しばしブレイク、そこから昔〜現在のアー写、ライブ写真、オフショットのスライドショー。
たしか「206」からカウントアップして「2011.9.8」に繋がったけど、あの数はなんだったんだろうか。
今までしてきたライブの数かなーとか勝手に想像してはいるけど。
DOESMANIA(モバイルFC)見たら分かるのかしら。あとでガラケーにSIM挿し変えてアクセスしてみよう。

第二部は大好きな「イーグルマン」から。
最近のライブはサポートギター入ってると調べて知ってたからさして驚きはしなかったけど、絵面的には3人のがしっくりくる。
そして予想通り「MODERN AGE」の曲が多く、あまり分からない(笑)
(ちなみに今MODERN AGE初聴きしてるけど、逆に「あ、これやった!」って覚えてる)
「黒い太陽」の「高く高く飛び跳ねて」はもっと皆飛び跳ねるかと思ったなぁ。
自分のいたエリアが段差より後ろでわりと落ち着いてたからかもだけど。
「東京ベイベーは、レイジーベイベーですか!」のワタルさんのシャウトからの「レイジー・ベイビー」は何かが壊れた。
からの「バクチ・ダンサー」。サビの「春風に磨かれて 燃えさかる薄ら紅」でキャノンから出てきた金と紅色の紙吹雪と前線にいる皆の挙げている手が感動的に綺麗だった。

アンコール、「切り刻んでいっすか!」からのジャック・ナイフ。これも曲は知らなかったんだけどこのリードでピンと来た。楽しかった。
タイニー・パンク(愛を叫ぼう)では全員でシンガロング。

アンコールが終わりちらほら帰る人が見受けられる中、ダブルアンコール。出た人たちが凄い勢いで戻ってきた(笑)
ワタルさん本人も「ケツカッチンです」と。実際BLITZの規定終演時間オーバーしてたらしい(笑)
一曲目、新曲「今を生きる」。震災後にサイトで発表された「勇気」みたいなストレートな歌詞。
そしてラスト、「修羅」! YouTubeで見た時に「一、二、三、四、」のところ手挙げてなかったから挙げないもんかと思ってたらみんなやってたから、2コーラス目は思いっきり上げといた。ちなみにダブルアンコールの前に前の人出てっちゃって段差最前の手摺りのところ取れた(笑) 最高のロケーションだった。

幕が閉じたので、急いで物販に向かい(予想通りサイン入りポスター特典があったので)第二部の途中までNEWOLDとどっちか迷ったMODERN AGE購入。
したら、場内から歓声が。やばい何事かと思い場内に戻ろうとするも全く入れず。でもツアーの告知だってことと「See You Next Live」の文字だけは見えた。

CD買ったら落ちてる紙吹雪取りに戻ろうと思っていたのに入ることができず、廊下まで出てきたやつを拾ってきた。
で、フライヤーを貰って外でツーマンツアーのスケジュールを眺めていたら「22時開始って、もう先行始まってんじゃん!」という声が聞こえ、携帯を確認したら22時を十数分過ぎていたという(笑)

今の勢いだとツーマン行きそうです。


Set List from Natalie(http://natalie.mu/music/news/56295

第1部
01. 明日は来るのか
02. シンクロニズム
03. 戯れ男
04. 田舎のライダー
05. ワンダー・デイズ
06. デイ・サレンダー
07. サブタレニアン・ベイビー・ブルース
08. 愛がみえた
09. 光の街
10. オーライとオーイエ
11. 眠れない夜に
12. ウー・アー
13. ステンレス
14. 陽はまた昇る
15. 世界の果て
16. 曇天

第2部
01. イーグルマン
02. ウォークマン
03. ロッカ・ホリデイ
04. ユリイカ
05. 都会のスキル
06. 天国ジャム
07. ランプシュガー
08. 欲望
09. スーパー・カルマ
10. 神様と悪魔と僕
11. トゥデイ
12. 夜明け前
13. 僕たちの季節
14. 黒い太陽
15. レイジー・ベイビー
16. バクチ・ダンサー

EN1-01. ジャック・ナイフ
EN1-02. タイニー・パンク

EN2-01. 今を生きる
EN2-02. 修羅
posted by きよ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。