2010年10月03日

先月の新刊コーナーー

101003_1741~010001.jpg
2回目だけど。

昨日縮毛矯正を人生で初めてしたら、
中学生が頑張って毎朝アイロンしてるみたいになりました。
(スタイリストさんのせいではなく顔面構造的に)
という振りとは全く関係なく先月の新刊です。


潔く柔く(13)
とうとう終わっちゃいました。
番外の「切切と」まででキヨヤワ完結した、ってケリがつきました。
唯一の心残り、各Actの主人公の中で亜衣のその後だけ不明なような?
(マヤマヤは出てきたけど)
亜衣編、好きだったのでそこだけは凄く残念です…。
カンナも禄も好きじゃないけど、面白かったなぁ。
切切とはかなり好き。百加が一番「普通」で「リアル」なキャラなのかな。
誰かが〜はよく分かんなくて1回しか読んでない…原作どこの国の方?

君に届け(12)
キヨヤワと発売日が同じで、キヨヤワないかな〜と発売日朝に寄ったコンビニにあり即買いしました。
爽子と爽パパが超かわいい(笑)
前巻の風早側の話は賛否両論ながら私はまぁありかなと思ってたんだけど、
今回のちづ&あやね編…こう続くと、…微妙。

さらいや五葉(8)
こちらも最終刊。
6巻くらいからボロボロになっていく弥一、覚悟を決める政。
漫画だけど、政のまわりに人が集まるの、分かる気がするなぁ(自分が辛いかもしれないけど)
最後の政の覚悟、終わり方、全てにおいて文句なしでした。

つらつらわらじ(1)
序章は難なく読んだのですが、第壱話のモノローグが複雑すぎて挫折中…。
オノさんの「大きい絵(等身が普通)」じゃないのは久し振りで…てもCOPPERSがあったけど、
こっちの絵も好きなので頑張ります。話の骨組みを理解したらやっぱり面白いんだろうし(という期待)
しかし五葉→つらつらと時代物(てか日本が舞台)が続いてびっくり。
筆が早い方のようなので、またリスパラみたいなテイストにも期待です。

ブログを漫画感想文にして誰か興んで(興味を持つ、のラー語)くれるのかしら?
と書き終わってふと思ったけど気にしないことにします。
ごーいんぐまいうぇー。
posted by きよ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。